日記

終活コンシェルジュ

昨日、初めて終活コンシェルジュにお会いしました。母体は司法書士の団体で、相続の手続きなどを担当していると「後見人がいなくて困った」「身元保証がなくて困った」という高齢社会ならではのニーズがあり、終活コンシュルジュというサービスを始めたそうです。病院への入院や介護施設入居の際の身元引受および手続き代行もでき、入院や手術の際や、医師の診断・告知の際の同席や同意書の署名、雑用の代行までサービスに含まれています。身元保証を通じてお付き合いが始まり、お迎えがきたその後まで安心できるサービスを提供する。終活コンシュルジュは素敵なお仕事ですね。

終活コンシェルジュとお会いして思ったこと。「年齢を重ねる」ことや「人生の最後を考える」ことは、まだ自分の人生の中で想像がつきません。親に対してもまだ想像がつかないのが正直なところです。私の母は、「誰にも迷惑をかけずにピンピンコロリで逝くから」と言っていますが、もし、介護が必要になったら…。もし、認知症になったら…。どんな生活が待っているのでしょう。兄弟とどんな分担をして、私はどんな役割を果たすのでしょう。その時、自分は仕事を続けるのか辞めるのか。まだまだ先のことだと思っていますが、もしもの時に備えて、折々のときに考えておくことは、いざというときに困りません。家族でそれぞれの人生を見直すきっかけになる時間をつくるのも、たまにはいいのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. たくみの里

関連記事

  1. 日記

    早く書く技術は究極の時間術

    樺沢紫苑先生主催の「早く書く技術」セミナーに参加した理由…

  2. 日記

    ロバート・G.アレン出版記念講演会に参加

    ロバート・アレン氏の講演会に参加してきました。ロバート・アレ…

  3. 日記

    役割認識の研修のススメ

    医療の質向上活動の推進委員と役職者の合同研修 私が働く総合病…

  4. 日記

    「運がいい人」になるための小さな習慣

    世界の成功者が実践するたった1分のルールサチン・チョードリー(アスコ…

  5. 日記

    あなたの文章が劇的に変わる5つの方法 尾藤克之(三笠書房)

    文章力をつけるブログやメルマガを書いていて常々思うの…

  6. 日記

    遠慮しない生き方 鳥居祐一(サンマーク出版)

    富としあわせを引き寄せる「自分ファースト」で生きる術 鳥居祐…

コメント

    • 佐藤友美(さとぴ)
    • 2019年 2月 28日

    終活、やはり背けることの出来ない現実ですね。
    今後そういった現実が突きつけられることと思います。どうしていきたいのかから考えたいと思いました。

    • 芳賀智子
    • 2019年 4月 14日

    輝子さん

     日記、拝見しました。ドンドン成長していかれる過程が理解出来ました。看護師さんの、婦長さん?でいらっしゃいますか? お仕事だけでも、超大変ですねー。

     私は、兄、父、母と同じ病院で看取っていただき、大変、感謝しています。東京で、自由に暮らしていたのが、自分の親の他に、主人の父親、そのお兄さんまで、抱えてしまいました。孫は次々、産まれるし。何ヶ所もの病院を行き来したものです。

     本当に、看護師さんには、お世話になりまして、ありがとうございました。一人では、何も出来ません。

     若い時は、積極的に異業種交流会に参加して、時代をリードしている気持ちでいました。近年は、スピリチュアルやヒーリングで、自分と病人を癒しました。

     今回、思い切ってサチンさんのプロジェクトに飛び込んで、次に何をしたら良いのか、考えてみる事にしました。

     輝子さんも、お仕事を辞めたいと、悩まれた事も有るのですね。

     満面の笑顔で、(幸せです!) と、言える程、成長されたのですねー。

     私は、輝子さんが、仕事を辞めずに、旅行をする事で、解決なさった事に、阿吽ですよ〜! 

     ハワイ研修や、セミナー、私には高額で、今の自分には、考えられませんが、何故? 何が違うのかな?

     一生懸命、老後の貯金しています。投資も、始めるつもりです。

     でも、若い時は、全額、旅行につぎ込んでいました。何も怖くなかった。今は、輝子さんと、年齢が違うのかな? ゴメンナサイ!

     機会があったら、リゾート会員の話も聞かせてくださいね。ふっくんからは、聞きました。でも、その場では、良く分からない?でした。

     私も、やっと、親達のお世話も終わり、孫たちも、大分大きくなりました。まだまだ、何年かは、手が掛かりますが、少しずつ、自分の時間が取れる様になりました。

     仙台の地でも、東京でも、可能な限り、色々な研修に出て見る積りです。旅行にも、ドンドン行きたい!

     色々、教えてくださいね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

  1. 日記

    ロバート・G.アレン出版記念講演会に参加
  2. 日記

    終活コンシェルジュ
  3. 日記

    「運がいい人」になるための小さな習慣
  4. 日記

    遠慮しない生き方 鳥居祐一(サンマーク出版)
  5. 日記

    早く書く技術は究極の時間術
PAGE TOP