地球と遊ぼう!ラフティング

人生初のラフティングは、増水時期のみなかみ町利根川。結構、あまくみていたのですが、迫力満点で景色も新緑で最高でした。4月~6月がシーズンのようです。

フォレスト&ウオーター

今回、お世話になったのは、利根川で最初にラフティングを初めたフォレスト&ウオーター。ラフティング協会に正式加盟し、ガイドは全員協会認定ガイドでで国内トップの技術者揃いなので、とても安心して遊べました。

コース

気軽に遊べる半日コースとたっぷり遊べる1日コースがあります。
私達は今回は午後半日コース。外でお昼ご飯を食べてからGo!

1日コースは増水期の4月下旬から6月下旬のみ。
ランチ付きで9:00~16:00

半日コースは4月下旬~11月初旬。3時間半で午前と午後にあります。

スタッフに教えてもらったオススメポイント

みなかみ町利根川のラフティングを迫力満点で楽しむには、増水時期の4~6月。7月になると、ダムが放流をストップするので流れが穏やかになり、ちょうど夏休みの時期と重なるので小学生ファミリーにオススメです。

フォレスト&ウオーターのラフティング以外の遊び

今、群馬県はアウトドア・スポーツに力を入れているようです。海で遊ぶ以外のものは何でも揃っているようで、フォレスト&ウオーターにも、ラフティング以外にキャニオニング、カヌー、ダブルアドベンチャー、BBQパックなどがあります。どれも楽しそうで迷いますね。
フォレスト&ウオーターのホームページはこちら

初ラフティングは人生そのものだった

ラフティングもエンターテイメントな演出がありました。

ガイドさんから

ボートがひっくり返ったらもう二度とやりたくないと思うし
落ちないように慎重なコースばかりだと物足りないし、
加減が絶妙でないと楽しんでもらえない。

次はもっと上流からのコースに行きたい!
と思ってもらえるのが1番だと、教えてもらいました。

わざわざ、流れが強いところで席替えしたり、
流れが強くなるところで漕ぐように指令が出たり

楽しませるために色々考えているな〜!
と感心しながら、
一生懸命漕いできました。

…でも一つ分からなかったことが。

それは、なぜわざわざ漕ぐのだろう?
ということ。

漕がなくても進むし…

そうそう、

ラフティングも人生と同じ。
一人より仲間がいた方が漕ぐ力も大きくなる。
仲間と一緒だと、困難だと感じても
チャレンジしようと思うし
安心して波を乗り越えられる。

仲間の大切さを
改めて感じる瞬間でした

ピックアップ記事

  1. たくみの里

関連記事

  1. 日記

    「運がいい人」になるための小さな習慣

    世界の成功者が実践するたった1分のルールサチン・チョードリー(アスコ…

  2. たくみの里

    たくみの里 水上温泉からの帰り道に寄りました。たくみの里は、…

  3. 日記

    教育計画・目標管理(PDP研修)受講レポート

    平林 慶史先生のPDP研修を受講したのでレポートを書いてみました。…

  4. 日記

    終活コンシェルジュ

    昨日、初めて終活コンシェルジュにお会いしました。母体は司法書士の団体…

  5. 日記

    考える力

    東京都看護協会・日本臨床看護マネジメント学会共催の看護管理者のための…

  6. 日記

    幸せをつかむ「4つの地図」の歩き方 <書評>

    ロバート・アレン著 / フォレスト出版幸せをつかむための4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

  1. 日記

    欲しい力を手に入れる講座
  2. 日記

    教育計画・目標管理(PDP研修)受講レポート
  3. 日記

    ロバート・G.アレン出版記念講演会に参加
  4. 日記

    スピリチュアリティを高める
  5. 日記

    人生を楽しむ秘訣
PAGE TOP